プロフィール

こけこっこ

Author:こけこっこ
日本酒好きの自称2級スキーヤー
ウエア:SOS、ユニクロ
手袋:ピークパフォーマンス
   ヘストラ
ヘルメット:FreeRide
板:ハート、K2
ビンディング:ルック、サロモン
ブーツ;ゲン
ポール:シナノ
ゴーグル:ボレー、スワンズ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

今日のつまみは何? 2軒目
日々旨いつまみが無いとね
S&S
店に入るなりEさんが嬉しそうに近寄ってくる。

「今日のつまみこれこれ!」と・・・・・

千葉県産の豚タン焼き。酒は「東魁ぎんから」

これがまた旨い!うっかりな牛など比較になりません。
そうこう言っているとKさんがこんなのも有るよと・・・

皮付き豚バラの角煮。

皮の部分がたまりません。近所に有名中華料理店がありますが
見習う必要があると思います。そんなこんなで酒は何にすっか
考えているとEさんKさん共に「ご飯ほしくなるでしょ?」と・・・
確かにご飯が欲しくなるつまみだが・・・まてよ、ご飯といえば、有るじゃないの!
川中島の合戦の時には既にあったと言われる
桂正宗の「川中島白い酒」・・・・・これは純米の濁り酒。まさに液体のご飯。
私は凄く好きなのだがこれ呑むとおなか一杯になるので普段はあまり呑まない。

思ったとおり酒を呑むというより液体ご飯を呑んだといった感じ。

〆に東魁普通酒を呑んで帰路につく。



スポンサーサイト
晩酌
近頃、駅前にケバブの屋台が出ていてこれがなかなか旨い。
ここのはチキンですがビーフと比べてしつこくなくグッド。
「牛とかもあるけどいろいろな種類があるのですか?」
と聞いてみたら店主がインドの方でインドでは牛は食べないとの事。
非常に納得。

酒はスーパーで買った400円台のイタリアワイン。

ワインは水っぽい物だがこのケバブと合わせるとなかなか絶妙。
グビグビ呑んでしまった。ちょいと呑みすぎ。

スパイス物とワインは旨いですな。
好物
私は酒飲みですが甘い物も好きです。
20070225161701.jpg

特に生クリームやカスタードクリームは大好き。
これは食パンにあんこを塗ってこれでもか!と言うくらいの
生クリームをはさんだ物。※少々遠慮気味なのでまだ隙間がある

これを大口開けて「ガブッ」と食らう。
これを2個食べた訳だが・・・・・う~ん、旨い!

至極の一瞬。


晩酌
本日は帰りが遅くなった。晩酌はいつもと趣向を変えて
TS360006.jpg

コストコの巨大なピザ。凡そのサイズはW420×D420×H15  写真は切り分けた一部。
チーズのピザですがこれが旨いんです。宅配ピザは頼めなくなります。
酒は、やはりコストコのワイン。
しかしこのワイン、熟成途中に味わいが悪い方向に変化してきて
「こりゃいかん!早く出してしまえ!」
と言う製造者の思いが伝わってきた風変わりな味わいでした。

そして手前のキャベツのサラダにはこれまたコストコの甘~い
ピクルスをたっぷりかける。

これを夜中の12時に食したわけだが、味はうまいが体に悪いですな。


S&S
久しぶり?にいつもの店。
店に入った瞬間「Eさん」が「面白いの入ったんだけど人柱しない?」
との事。もちろん引き受ける。
と言うわけで本日の一杯目は、私の好きな銘柄でもありますが、

「本金の普通酒原酒絞りたて・・・しいて言えばタンクから直取りS&S特注?」

何かよく分からないが例のごとく売っていない酒だそうです。
まぁ簡単に言えば三増酒的な昔で言うところの二級酒だそうです。
Eさん曰く本当に出来立ての三増酒的な物だからアルコールが
ビリビリ来るよと・・・・・まぁ一杯呑んでみる・・・・・
正直ビックリ!この特徴的な柑橘系の味わい、酸味と甘み・・・・・
まさに新潟は小須戸の銘酒「村祐の旧雅」の表面的な味わい。

しかしちょいと呑んでいると確かにアルコールがビリビリしてきた。
なるほど!そういう事か!これはある意味難しい酒ですな。







晩酌
最初目に付いた「立山」を購入しようかと思ったが経験的に西日本の
酒は難しいのでこちらにした。
本日は「南部美人 本醸造 生貯蔵酒」
20070217090222.jpg

味わいは切れの良い辛口で特にさっぱりしている。
寒梅白ラベルよりも旨みが少ない感じかな。

つまみは熟女手製の「ふき味噌」
ご飯に乗せても旨い。

日本酒を購入するとき
「生酒」「生詰め」「生貯蔵」
と言う表示がありますが本当に「生」(一切火を入れていない物)は
「生酒」だけで他は火を入れて発酵を止めてあります。
表示の違いは火入れのタイミングです。もちろん「生」が最高と言う
事ではないです。あくまで造りの違いです。

S&Sに行くと同じ銘柄のほぼ同じ造りで「生」と「火入れした物」の
呑み比べが出来ます。呑んでみると以外にも好みの分かれるところですよ。
S&S
先日「まんさくの花 吟醸(本当は大吟醸らしい)4年熟成 生詰め」
と言う魅力的なものが入荷していたので呑んでみた。
古酒にありがちな枯れた味わいではなく旨みを煮詰めたような
深く濃い味わい。いい酒だが好き嫌いが分かれそう。

次に「駿州中屋 純米 辛口」
銀座の「せきや」で出している高砂と同じ蔵元の別ブランドですが
高砂の純米とはまったく違う味わい。取扱店は蔵元がチェックする
ため全国で20店ちょっとしか無い。
S&S
例によっていつものS&S
たまには幻舞の黄色いラベルの火入れでも呑もうかと思っていると
Eさん(酒担当)曰く
「東魁の純米飲まない?間違えちゃってとびきり燗にしちゃったんだよ!」と・・・
それじゃ~つまみは何にすっかなと思っていると
「今日は目光と塩辛だよ」と・・・

それにしても東魁は良いです。
まぁ口に合う事もあるのだがあれだけ熱くしても崩れない酒ですわ。
又、この手のつまみには東魁純米は非常に合います。幻舞ではかえって
生臭さが強調される恐れがありますな。

日本酒を呑む上で注意が必要なのは必ずしも「塩辛」や「魚類」と
合うわけでは無いという事。一般的には日本酒=塩辛のラインは
究極の合わせであると思いますが、酒の造りによっては、かえって
生臭さを強調してしまうことも有ります。
S&S
と言うわけで本日もいつもの店、「S&S」

ちょうど各蔵の新酒が入荷していてフレッシュな感覚の日本酒が楽しめます。
熟成した物では無い若い酒ですから、まぁ季節物として呑むのが無難で
しょう。原酒ですからアルコール度数が20度前後あるので注意しないと
物凄く酔います。通常呑んでる物は割り水を行い15度前後に調整しま
す。

今日は
「幻舞 純米生原酒無ろ過中取り」だったかな?呪文のようで覚えにくい
「月の輪 しぼりたて 本醸造」
定番の「東魁普通酒」

つまみはS&S自家製鯨のたれ。
S&S
今日の一杯はいつもの店ですが、さて、いつもの店とは・・・・・
一応店主の了解を得たのでちょっとだけ宣伝です。

この店は門前仲町にある「S&S」と言う店でして主力の酒は
千葉、岩手、秋田、長野のどれも少量生産の地酒(日本酒)です。
稀にメジャーな物も置いていますがこの店ではなかなか売れないそうです。

この店の面白いところは同じ銘柄で造りの違う酒の飲み比べが
出来ること。銘柄の違いで飲み比べ出来る所は普通にありますが
同一蔵の酒を造りの違いによる呑み比べができるところは意外と
少ないと思います。
たとえば千葉の酒は普通酒から大吟醸までそろっています。
また、主力の酒は蔵元と直接取引をしている為、特殊
な酒が入っていることも多々ありますが、少量生産な為品切れに
なることもあるようです。

少々マニアックな店ですが真面目な酒が良心的な価格で味わえます。
ダンチュウにも掲載されたことがあります。

と言うわけで本日は

「月の輪 宵の口 大吟醸生酒」※特別出荷品で非売品
定番の「東魁盛 普通酒」
最後は「若狭屋徳市」

毎度思うが月の輪は酒に硬さが無くアルコールと味わいが
よく練れている。

晩酌
本日は峰乃白梅
よく言われる「越乃三梅」とか「新潟三梅」とか言われるものの1つ。
ちなみに「越乃寒梅、雪中梅、峰乃白梅」ですが私はそれぞれにランク
と言うか造りの違いが有りますから単純に並べられる物とは思えません。
20070205210948.jpg

カップ酒は大変便利ですが毎日飲むには高くつきます。そして
なんとなく野暮ったいですが試飲と考えれば良いでしょう。
それに不味くても180CCだけですので仮に捨ててもしれてます。
一升瓶だとある意味命がけ?です。口に合わない酒を呑むのは
きついですからね。

つまみは自家製「ふきのとうの味噌炒め」
わざと甘みを減らしたので苦味が強調された大人の味わい。

パリの恋人
今日は「パリの恋人」を見たのですがこの作品1956年の物だそうです。
映画はあまり見ないのですがフレッドアステアの作品が好きなんです。
と言ってもいくつも見たわけじゃないですが、アステアの歌とダンスに
魅力を感じます。結構なお年なんでしょうけど歌声甘く、踊りにキレが
ある。
20070204223451.jpg

しかしアステアの映画を見ていつも思うことは、目に入ってくる
鮮烈な色彩やファッション、デザイン・・・・・
日本史から見れば太平洋戦争終戦からおよそ10年後にアメリカでは
こんな素晴らしい映画を作っていた事実に鳥肌が立つ。

えっ!そんな事もうとっくにやっていたのか!と思える事が何度となくあった。




昼飯と晩酌
以前から一度行ってみたかった大井町の「ブルドック」にいってみた。
20070202022515.jpg

メンチを食べたのだがかなりビッグな物。※幅20センチ以上あると思う。
しかし油臭くもなく、肉臭くもなく結構旨かった。

本日の晩酌は
20070202022532.jpg

「日置桜 純米」
かなり旨口、結構呑みあきする。
つまみはラッキョウと「いつもの店で」もらってきた「赤カブ」
この赤カブがこれまた旨い。