プロフィール

こけこっこ

Author:こけこっこ
日本酒好きの自称2級スキーヤー
ウエア:SOS、ユニクロ
手袋:ピークパフォーマンス
   ヘストラ
ヘルメット:FreeRide
板:ハート、K2
ビンディング:ルック、サロモン
ブーツ;ゲン
ポール:シナノ
ゴーグル:ボレー、スワンズ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

今日のつまみは何? 2軒目
日々旨いつまみが無いとね
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「輝く」第4回日本酒友の会
ようやく酒が抜けたので先日の日本酒友の会についてかいてみようかと。
※お詫び今回はアルコールの影響が多大にあり写真は無いです。

来月5日で吟醸バーが閉店するので今回もびびさんと行ってきました。
入店直後びびさんよりメールが入り「Aははずれです」と。
そんな訳で私はB。Bはとりあえず無難な酒。

確かにAのどれだったかはアルコールの立ち上がりが半端でなく
吹きそうになった。なんだコリャと見たら大阪の酒。
「あっこれ前に呑んで口に合わなかったやつじゃん」
恐らく相当私には合わない酒と感じた。びびさんがちょっと
席を外したあたりから、気がついたら物凄い混雑ぶり。何人かに
席空いてますか?と。結構一人の方も多いです。

そうこうしているうちに、びびさんと共に大型新人さん入場。
最初の一杯は瞬きするヒマも無いくらいにキュッっと一瞬で。
いやいや、それにしてもいい呑みっぷりです。嬉しくなります。
あの呑み方は素人では無いと確信しました。今度は門仲のいつもの店で
「ガン」と行きたいものです。

店でたら早かったのでもう1軒行きましょうと。
さてどこに行こうかと、そう言えば昔行ってた築地の割烹で
修行していたせきちゃんが寿司屋始めたと言ってたので
隣りの銀座まで直行。お勧めの酒は静岡の酒で蔵元直送との事。
名前は忘れたが癖の無いいい酒でした。それと八海山とキクマサ、
手堅い所を入れてるね。そんでもってとりあえず刺身。
これ私のいつものパターン。普通だとこの後珍味やらが続き
最後に少し握ってもらうのだが、本日はもう呑みすぎ。

それにしても本日は〆鯖が絶品。驚き。
「せきちゃん師匠より上手いんじゃないの?」とからかってみるが、
本当に旨かった。ほとんど生で、塩や酢を感じさせない何年ぶりか
で旨い〆鯖食った。勘定も安かった。

せきちゃん今度は酔ってないときに行きますので宜しく!

そんなわけでびびさん遅くまで御付き合いいただいて有難う御座いました。

今度は1日、15日、28日で行けたら門仲の縁日でヤツメウナギ食らいましょう。なんでもソムリエの田崎先生も食いに来るそうです。






スポンサーサイト
花火
浦安市の花火大会に行って来ました。
20時20分頃には後ろでディズニーランドの花火も上がり前も後ろも花火
となかなか無い経験でした。

そう言えば、かつて晴海の花火大会など花火玉の破片とか火薬の燃えカス、
うっかりすると火の粉が降ってきたのを覚えている。ありゃ凄い迫力だった。



それにしても
昨日は呑みすぎて・・・・・

朝から気分が・・・・・

悪い・・・・・

酒は旨いがほどほどに・・・・・

おやすみなさい。
カップ酒
中途半端に酒が切れたので流行りのカップ酒を購入。
20060727211914.jpg

新潟の越後鶴亀。特別純米だそうです。それにしても相変わらず
賑やかなラベル。

呑んだ瞬間酸味が先行する。しかし味わいがボヤっとする。
味わいは賑やかでない。
もしやこりゃ燗酒かなと思い、燗にしたら味が開いた。
つまみは新潟の何とかと言う干物屋の筋子。
残念ながらこれとはいまいち合わない。こんな時はなんて言おうと
鶴の友が欲しい。来月新潟で買ってくるか、今から楽しみ。

カップ酒って180mlで300円とかするけど一升瓶換算で
3000円の酒なんですよね。安そうで実はかなり高い酒です。




天丼
久しぶりに神保町へ。
20060727211837.jpg

15年ぶりくらいだろうか、いもやへ行った。

内容と価格のバランスが・・・味は良いのだから・・・
安けりゃいいってもんじゃないと思う。

こりゃ楽しい話じゃないな。


MTB
通勤用自転車です。
mtb.jpg

ミヤタのリッジランナーです。1994年頃購入していまだに乗っています。
幕張コースで遊べるようにセットアップしてましたが体力維持の為の
通勤仕様にしちゃいました。
それに従いタイヤをスペシャライズドヘミスファー26×1.95から
IRCメトロ26×1.5に変えました。前後で400g位軽くなったからか
ペダリングが快適です。幕張コースのような所はサスペンションが
欲しいですが町乗りだとリジットがダイレクトでいいですね。

現在のパーツ
サドル:ODYSSEY→変更検討中。このポジションだといまいち。
ハンドル:純正両端共2.5cmカット→カーボン製が欲しいが高い。
ステム:NITTO→良い造りしてます。
ペダル:ODYSSEYシャークバイト→食いつきは良いが危ない形状。すねに食いつく事も有る。
タイヤ:IRCメトロ26×1.5
グリップ:ATI→細めの透明なやつ。手に吸い付きます。
ブレーキブースター:ODYSSEY U4プレート→効果は?です。

日本酒友の会
先日エディエディのびびさんと門仲のいつもの店で一杯
やってきました。いつもは吟醸バーでしたが、ちょっと
場所を変えさせて頂きました。

この店は何も言わなければグラスは150mlですが、私は色々呑みたいので
いつも100mlグラスです。価格もその分安く凡そ0.7掛けです。
500円の酒が350円位で呑めます。4杯か5杯飲んだのですが最後の一杯が
思い出せない。

実は随分酔ってたみたいです。

昔は(と言っても数年前)2軒目は辰巳新道でとお約束のコースだったけど
お気に入りの店が無くなり「はしご」が出来ないのでいまいち締まりが悪いです。


見てのとおり
オクラです。子供が育てたものです。
okura.jpg

採りたてをササッと洗ってそのまま食べる。
かなり旨いです。柔らかく癖などまったくありません。
味噌をちょっとつけると、これまた格別。
しかしこれは子供が育てたので私は見ているだけ。

良く冷えてスッキリした辛口の酒が合いますよ。
今年の客
例年通りお客が来ました。
20060722095207.jpg

うちは6階ですがこんな所にみかんの木がある事を
よく見つけたもんだと感心します。
毎年何匹かが蝶になりますが死んでいるのも
何匹か見かけます。網をかけたりしないので
鳥に食われたり蜂に寄生されたりと結構サバイバルですが
生き残って蝶になったのが戻ってきていると思うと
今時は毎年楽しみです。
勝鹿
先日買ってきた勝鹿ですが、コシヒカリの方は
やっぱし慣れないですね。好みが合わないのでしょう。
これはしょうがない事。酒の良し悪しとは意味が違いますね。
しかしもう一方の勝鹿は慣れてきました。苦いのとアルコールが
上がるのは相変わらずですが切れが良いので以外と呑み飽き
しないですね。

と言うわけで今日のつまみは
コブとたらこの佃煮、おぼろ豆腐、生姜の味噌漬けです。

コシヒカリの方にはもう少しですが勝鹿のやや熱燗に
合います。


蔵元巡り
野田市の窪田酒造㈱様です。勝鹿と言う名称の酒です。
社長自ら杜氏をされているそうです。
千葉県最北の蔵という事で1度行ってみたかったので
炭酸風呂(ラムネの湯)の野田の湯の帰りによってみました。
利根運河のほとりにあります。
kubo1.jpg

隣りは窪田味噌醤油と言う会社で、名前の通り味噌と醤油を作っています。
kubo2.jpg

土日祭日は休みとの事で、酒は買えませんでしたが5分ほど走った所の
酒屋さんにおいてありました。「勝鹿」と「運河まさむね」です。
kubo4.jpg

両方とも本醸造で米は東葛産米を使用しているそうです。
勝鹿の米は聞いたけど忘れました。運河まさむねの米は
コシヒカリを使用しています。基本的な味わいは酸を出さないような
醸造をしているそうです。これを聞いてなんとなくやな予感。

さて例によって常温、冷や、燗と3種類の呑み比べ。
いきなりブラインドで呑んで両者が分るほど違った酒質。
勝鹿は辛口、運河まさむねは旨口。私的には「勝鹿」の方が
スッキリしており、幾分呑み易い。コシヒカリ製はなんとなく
想像通り。なんとなくボヤッっとしている。
両者とも冷から温まってくると私の苦手な苦味が出てくる。
又。燗だと勝鹿は酒かすの香り。運河まさむねは米の蒸れた
香りの粗い感じ。両者共かなり冷やして呑むと雑味が強調されなく
すうっと呑める酒になるが味わいは無くなってしまい、何を
呑んでいるのか分らなくなってしまう。結果、両者共私的には
苦手な酒です。

好みの分かれる酒と感じた。





枝豆
今日の朝取ってきた露地物の枝豆です。
これは黒豆です。黒豆といえば丹波の黒豆が
有名ですがこれは江戸川区産です。
edamame.jpg

見た目はそこそこですが、茶豆並の甘さと香りそして
味わいがあります。ビール好きにはたまりません。

あっ、私は尿酸値等色々あってビールはほとんど飲まなくなりました。
又、枝豆は痛風の方々には宜しくないようです。
蝿取り
黄色の板が蝿取り板です。
ムシペッタと言う商品です。
hae.jpg

意外と小蝿がよく取れます。
残念な事
日銀のゼロ金利も解除と言う事で、私も
数ヶ月振りの休肝日を昨日から解除しました。
そんな事はどうでも良いのですが、

私の好きな酒に鶴の友という酒があります。
来月は新潟ですし、さて、たまには鶴の友でも
買うかと思っていたところ呑みたくなってきたので
鶴の友が全種類置いてある、以前から1度行ってみたい居酒屋、
幡ヶ谷の「たまははき」に行こうかと思った。が、

去年の12月で閉店したとの事。

この居酒屋の日本酒は鶴の友しか置いてなく、しかも
全種類。値段も本当に良心的な低価格で置いていて、
しかも肴が、これまた酒飲みの核心をついている
すばらしい店のようでした。

あ~、行っとけば良かったと後悔・・・・・
近くだったら入り浸りだったろうなぁ~

因みに鶴の友と言う酒は新潟市内の酒でして殆ど新潟市内で
出まわり恐らく東京では越乃寒梅より入手困難と思いますが、
新潟市内に行けばそこらで売っていると思います。
この独特の味わいに魅せられたファンがかなりいるそうです。
turunotomo.jpg


この酒はホタルイカの塩辛や、鰤等日本海の魚との
相性が、絶妙です
休肝日終わり
と言うわけで、本日の一杯。
awamori.jpg

びびさんの泡盛+島らっきょで刺激され、うちにも置いてあるのを思い出した。
近頃日本酒ばかりでしたので久しぶりに飲んでみましたが、
今日みたいに物凄く蒸した日にはキリットして旨いです。

つまみは豆腐に、煮こごりにならなかったカマ煮の煮汁をかけた物
と、新潟のはねだし枝豆。黒鳥茶豆ではないですが良い味わいです。


久しぶり
月曜日から数ヶ月振りの休肝日です。
お茶が旨い。

来月は毎年恒例の新潟と会津田島方面へ行くので今から何を
買うか検討中。まぁ小須戸で花越路は一本買いますが田島とか
南郷辺りの蔵がちょっと気になっている。1度田島の酒を呑んだが
腰の強い淡麗ではない独特な味わいだった。結構好み。同じ会津でも
会津若松辺りとは、また違った酒質に思えた。
どう違うか・・・田島辺りは甘辛く煮た山菜が合いそう。
会津若松辺りは若干甘めの軽め。つまみを選ばないオールマイティー
な感じを受けた。

さて何を買うかと言っても、よっぽどでなければ普通酒か本醸造。
純米云々の方々には眉をひそめられてしまいますが、これは好みと
言う事でご勘弁。

新潟の蔵はルート的に新潟市内から湯沢の17号沿いと栃尾
辺りとなるので検討するもなにも、お決まりの蔵ですけど、
こうやって検討してるだけでもなんか楽しい。

まぐろ
先日行き付けの寿司屋で頂いたマグロです。
20060709212914.jpg

カマでしたのでお約束のカマ煮にしました。

ちなみに煮汁は酒、醤油、味醂が1:1:1私の場合水は入れません。
そこにネギ、生姜、砂糖と今回は黒蜜を入れています。

四ツ谷から銀座
久しぶりの豪遊。という事で明日は二日酔い確実。
最初は四ツ谷にあるお気に入りの店。
新潟の食材と酒。〆は店主手打ちのへぎ蕎麦。
酒は上越、中越、下越の酒をバランス良く取り揃えている
非常に好感のもてる店です。
20060708022316.jpg

今日は奮発して「清泉亀の王」を呑んでみました。純米吟醸生貯蔵酒だったと思うが呑みすぎて良く覚えていません。酒は透明感のある癖の無い酒です。
いわゆるきれいな酒でした。ちなみに夏子の酒のモデルは「亀の翁」です。

さて、次に久しぶりの銀座の寿司屋。結構呑んでいたので
いつも通り刺身を肴に「浦霞純米」を呑む。目立った酒では
無いが控えめな飲み口が魚に合う。
今日の刺身の中では蛸がいい味出ており甘味と独特の香りが際立っていた。
三浦半島の佐島の蛸だそうです。
お土産に近海マグロの頭?を頂いて岐路につく。

露地物
江戸川区産小松菜の煮浸し。
20060705233520.jpg

江戸川区って言ったら小松菜です。
これはハウス物では無く露地物です。茎がシャキシャキして美味。
手前はマグロの煮こごり。ゼラチン等の野暮なものは入れてません。
これをアツアツのご飯にかけて煮こごりご飯にするのが好きなんです。
当然お酒にも良い肴ですが今飲んでる大姫は煮こごりより、
小松菜の煮浸しが合います。
女性杜氏の酒
本日もいつもの門仲の店。
20060703222817.jpg

これは純米吟醸の火入れです。
こちらは味わいがありますので一杯目に行きます。
甘味と酸味が強調され呑みごたえがあり私の好みの酒です。
今、勝手に思ったのですが夏の暑い日にキンキンに冷やして
昼飯と一緒に昼酒にどうだろうか?そんな時昼飯は蕎麦が食いたい。

そうだ、そうだ、蕎麦を食べる前にちょっと引っ掛けたいね。
アテは板わさ、蕎麦も藪じゃなく更科がいいな。

困った酒
昨日買った「村祐茜ラベル特別純米無濾過本生 」
久しぶりの困った酒でした。

昨日はアルコールの上がりが半端でなく、目が染みました。
味は良いのだがコリャなんだと言う酒でしたが、しかし本日呑んでみると
味が馴染んでおりアルコールが上がりません。旨い酒になってます。
日本酒ってこんなのがあるんですよ。初日とその後日々味が変わる
やつが。どんどん香りが出て来たり、まろやかになったり、呑みき
る頃に絶頂を迎え、もっと呑みたいと思った時は既に空という具合です。
皆さんも日本酒呑んでみて、なんとなく若いとか何かが突出していたら
呑むのを一旦止めて2、3日冷蔵庫にでも入れておくと味わいに深みが
出ることが多々あります。特に生酒は注意が必要です。

つまみとの相性
茜ラベル 特別純米 無濾過本生
20060701213333.jpg

相変わらず独特の味わい。今日はブルーチーズと合わせてみた。以外にも合います。酒もチーズもお互いが負けていない。しかし、不満がある。アルコールが非常に上がって来る。味は旨いが純米の割りに鼻にツンと来る。あれっと言った感じ。次に今日はカツオがあったのであわせてみたが、う~ん、ちょっと・・・。そこで試しに千葉の大姫であわせてみる。すると大姫はカツオの生臭さをスパッと切る。ちなみに大姫とブルーチーズは×です。

相性って難しいですね。
落花生
落花生の花が咲きました。
pi-nattu.jpg

去年、築地の場外に行った時買ったピーナッツスプラウトを
プランターで増やしたものの生き残りです。

今年はいくつ出来るか楽しみ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。